読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 33rd game@東京ドーム vs T

仕事帰り、最初に途中経過を見た時には2回裏やった。

2-2。

初回、阿部の2ランで先制したのに、

直後の2回表、

いきなりの四球から2点返されるラーメンおやじ。

ほんまお前は期待を裏切らんわ、悪い意味でな。

 

 

次に途中経過を見た時には5回表やった。

7-2!!!

3回裏に・・・

 

f:id:gchanchan:20170510213225j:plain

坂本の3ランで勝ち越して・・・

 

f:id:gchanchan:20170510213240j:plain

マギーにも一発が飛び出し・・・

 

f:id:gchanchan:20170510213307j:plain

4回裏には不振の長野にも今季1号が!

 

 

いやあ、阪神相手にボコ打ちは爽快爽快・・・

と思う反面、

祭りに乗り遅れた感もあってなんか虚しくてな。

 

家に帰り着いたと同時に坂本に2本目が出ても、

なんか手放しでは喜べんかった。

くっそー、TVで見たかったなー。

 

 

そして、そんなイライラに拍車をかけるのが先発大竹のピッチングや。

打線が9-2としてくれた直後の6回表。

ヒット、ヒット、四球で無死満塁にしてな、

続く若い打者も歩かせて押し出しやって。

 

お前、7点差もあって何逃げとんねん!

 

打線に9点も取ってもらって、たった6回2死で交代やって。

ふざけんな!

こんなやつ、9点取られて追いつかれるまで投げさせたらええんじゃ!

 

2番手ぐっさんも打たれて9-6までいったけど、

追いつかれるまでには至らず。

残念やのぅ。

 

 

その後、7回はマシソンが抑え、

8回は、へぇ~ルーキー池田かあ。

信頼度高いなあ。

2死取ったところでカミネロ投入。

ここをしのぐとイニングまたぎで9回も登場。

一発食らって2点差になってバタバタしたけど、

まあなんとか勝利。

 

 

 

 

先発大竹は菅野やマイコラスと並ぶ4勝目。

しかし、無駄にリリーフ陣に負担をかけたピッチングは、

勝利に値せんわ。

 

 

 

 

G9-7T