読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約三十年ぶりの高校野球観戦

こないだの日曜日。

センバツの初日で履正社智弁学園が勝ち上がったのを見届けて、

改めて組み合わせ表を見た。

 

お!これは金曜に大阪桐蔭履正社智弁と3試合見れるやん!

ちょうど仕事休みやし、久々に行ってみるか!

 

てことで、翌月曜にコンビニで1塁側の特別自由席をゲットして、

楽しみにしてたんやけどね。

 

次の日の火曜日。

朝から雨が降ってまさかの全試合順延。

1日ずつ日程がずれて、見たかった3試合は土曜日になってしまいました・・・。

 

ただ、雨が降って順延になることは一応想定内でもあって、

残念は残念やけど、その代わりに見れるのが早実VS明徳。

そう、プロ注目の清宮が生で見れると。

 

ほんとは関西勢3試合が見たかったんやけど、

せっかくチケット取ったし、清宮見れるしで、

朝から甲子園に行って来ました。

 

前に高校野球を見たのが、たぶん中学生の時やったと思う。

実に30年以上ぶりの観戦でした。

 

 

 

 

f:id:gchanchan:20170324154124j:plain

朝8時前、甲子園に到着。

当日券を求める人たちが長蛇の列を作ってました。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154138j:plain

我々と同じく前売り券を持ってる人たちも、

それはそれで良い席を押さえようと開門待ちの長蛇の列。

でも着いてすぐの8時に開門されて、割とすんなり入場できました。

 

 

f:id:gchanchan:20170324160904j:plain

1塁ベンチ近くの前から9列目あたりの通路側をゲット!

甲子園でこんなに前で試合を見るのは初めてかも。

テーブルも付いてるしね。

ただ後から思ったのは、フェンスが邪魔でちょっと見にくいなと。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154146j:plain

今日の3試合はこんな感じ。

どれもどっちが勝っても良い、思い入れ無しの組み合わせ。

一応、3試合目は見ないで帰るつもり。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154156j:plain

朝はまだちょっと肌寒かったけど、

真正面から日差しを受けながら第1試合開始。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154205j:plain

序盤にお互い1点ずつ取って、そこから完全に膠着状態に。

どっちの投手もそんなにすごいとは思わなかったけどねえ。

淡々と進んでいって1時間半も経たないうちに最終回を迎えました。

 

9回表、神戸国際大付はあっさり三者凡退。

こりゃ延長戦かなあ。

 

しかし、9回裏。

東海大福岡の先頭打者がいきなり四球を選ぶ。

負けたいんか、神戸・・・

と思ったら、福岡の次打者がバント失敗やって。

どっちもどっちやなあ。

福岡は次の打者も送りバント

これを神戸の捕手が2塁へ投げてセーフ。

ああ、何やってんだか。

 

それでも、神戸の投手は続く打者をショートゴロに。

6-4-3。

併殺で延長戦かぁ・・・と思いきや、

セカンドが1塁へ悪送球。

ファーストが逸らす間に2塁ランナー帰ってきて、

東海大福岡サヨナラ勝ちやって。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154218j:plain

僅差の試合やっただけに、最後はなんかグダグダで残念でした。

神戸の選手、気の毒やったなあ。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154237j:plain

東海大福岡の選手と入れ替わるように早実の選手が現れました。

清宮が出てきて、写真を撮りたい人がベンチ付近に大挙押し寄せます。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154251j:plain

こっちはそんなのお構いなしにビール飲んじゃいます。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154259j:plain

さて、第2試合。

早稲田実明徳義塾の試合が始まりました。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154310j:plain

1回表1死1塁で、いきなり3番清宮登場。

ハッと見たら、もうセンター右にヒット。

打球速すぎ!

 

でも、このピンチを併殺で切り抜けた明徳は、

その裏、早実の背番号11の投手から3点先制しました。

ていうか、早実なぜエースを出さない?

 

2回表に9番バッターのタイムリーで早速1点返した早実

だけど先発の新2年生投手がフラフラで、

その裏とうとうエースが出てきました。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154318j:plain

その後の清宮は第2打席にあわやのセンターフライ、

第3打席はかなり高く打ち上がったファールフライと結果が出ません。

試合は動かないまま終盤へ。

 

7回表にまたまた9番のタイムリーで1点差に迫った早実

これで一発でも追いつける点差になって、8回表清宮の第4打席。

インパクトの瞬間、ちょうど売り子さんが通りがかって見れなかったけど、

打球はレフト方向へ高く舞い上がって・・・

ああ、フェンスに届かず。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154331j:plain

逆にその裏、明徳の攻撃。

ここまで3四球と、そのがたいの良さに相手投手が勝負してくれない新2年生4番合谷。

最初見た時から当たれば飛ぶやろなあと思ってたけどね。

左中間スタンドに大きな一発!

 

これで2点差。

8割方明徳で決まりやなとここでは思いました。

 

 

9回表、早実最後の攻撃は7番から。

清宮まで回すためには少なくとも3人はランナーを出さねばなりません。

ちょっと難しいかなあ。

 

が、7番バッターがいきなりフェンス直撃の2塁打。

続く代打の選手がライトへ渋くヒットで繋いでね。

無死1,3塁として今日2打点の9番野田。

ただ、併殺崩れの間に1点返すだけに終わって、

次の打者もファールフライ。

 

2死1塁。

後がなくなった。

最後の打者になるか、2番。

ああ、投手前のゴロ。

ピッチャーはじく!

でも、球を追いかけて、取って投げたら1塁間に合う。

冷静に、ボールをつかんで・・・

うわあ、焦ってボールが手に付かない!

1塁セーフ!清宮まで回ったぞ!

 

 

f:id:gchanchan:20170324154345j:plain

甲子園大盛り上がり!

異様な雰囲気の中で清宮に5回目の出番が来た!

 

いやあ、こんな場面で清宮にまともに勝負できるわけがない。

明徳ピッチャーの気持ち、よう分かるわ。

結局四球で歩かされる。

ていうか、自分で決めようとイレ込まずに、

あくまでも冷静に4番に回した清宮も良し。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154354j:plain

2死満塁。

さあ4番の野村も新2年生ながら強打者。

ここも四球を選んで、とうとう早実追いつきました!

いやはや、ビックリですな。

 

 

勢いの付いた早実は、延長戦に入って10回表。

9番野田が今日3本目のタイムリーを打ってとうとう勝ち越す。

 

その裏、2死から死球に暴投で明徳に同点のチャンスが訪れるも、

次打者がショートゴロで万事休す。

 

 

f:id:gchanchan:20170324154406j:plain

辛くも早実勝利となったのでした。

 

 

それにしても、9回表の早実の攻撃は手に汗握りましたね。

清宮が初戦で甲子園を去る残念な気持ちと、

これが現実なのだという思いと、

まさか清宮まで打順が回るのかという期待と、

明徳の投手の痛いほど伝わってくる不安感と、

その他色んな思いが頭の中を交錯してました。

やっぱ野球っておもろいわ。

と同時に、清宮もってるなあと感じました。

 

 

 

なんかこの試合でもうお腹いっぱい。

十分満足して、ここで球場を後にしたのでした。

またチャンスがあったら足を運びたいですな。