読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキージャム勝山

今年の初滑りは福井県スキージャム勝山で。

振り返ってみたら実に14年ぶりでした。

なぜ福井県のゲレンデを選んだのかは後述するとして・・・。

 

 

朝3時半前に出発。

福井北ICで下りて下道を走る。

道中の道路はずっとドライでした。

 

そして最後に法恩寺山有料道路という有料道路を通らなくてはなりません。

これがね、普通の山道なのにお金を取られるってのがねえ。

ま、ダイナとか行っても駐車場代は取られるから、

一緒といえば一緒なんですけどね。

ちなみにサイトには1300円と書かれてましたが、

実際は900円(だったはず?)でした。

除雪協力金がカットされた??

 

 

f:id:gchanchan:20170129164816j:plain

ゲレンデの駐車場には7時過ぎに到着。

まだまだ車は少なかった。

このままお客さんが少なかったらええのになあ。

準備をしてセンターハウスに向かい、午前券を購入しました。

 

 

f:id:gchanchan:20170129164835j:plain

昨日はいい天気、明日も晴れの予報。

そんな日に挟まれた今日はあいにくの曇天。

気温は低くなかったけど、風がある分だけ寒く感じました。

 

 

f:id:gchanchan:20170204090920j:plain

ジャム勝のゲレンデはこんな感じです。

DJさんはしきりに「西日本最大級のゲレンデ」を連呼してましたが、

まあ奥美濃のゲレンデと比べても遜色ない広さだとは思います。

 

 

f:id:gchanchan:20170129164844j:plain

8時にまずバラエティーペアが動き出したので、それでバラエティーサイトの下部を何本か滑る。

雪は固くもなく緩くもなく、きれいに圧雪されてて気持ちよく滑れます。

 

がしかし、強風を理由に他のリフトを動かそうとしません。

いい加減飽きるし、客も増えてきてとうとうリフト待ちの列ができ始めました。

面白くないので、1時間もたたない内に、はい休憩休憩!

 

10分ほどセンターハウスでのんびりして、仕方なくまたペアへ乗り込む。

するとクワッドが試運転を始めました。

乗り場へ殺到するお客さん。

我々も急いで向かいました。

 

 

f:id:gchanchan:20170129164853j:plain

9時20分頃、ようやくクワッドでファンタジーサイトへ移動。

ここの2本のコースは適度な斜面と距離で爽快にぶっ飛ばせました。

 

 

f:id:gchanchan:20170129164901j:plain

一度センターハウスまで下りてきて、ちょっと早いお昼ごはん。

晩ご飯は戦いになりそうやからね。

早めに食べとかんと。

 

センターハウスの入り口脇にあったパン屋さん。

パンと飲み物をセットで注文すると100円引きになります。

電子レンジで温めることもできて、美味しかったですよ。

 

なんやかんやで食べ終わったら、もう11時半。

午前券なので残り1時間半しかないのですが、

まだイリュージョンサイトへのリフトが動きません。

 

DJさんはしきりに「動かしたいのは山々ですが強風が治まるまでは・・・」的なことを言いますが、

そんなに強風かなあと思ったり。

むしろ、客が少ないから経費節減のために強風を口実にして動かさないのでは・・・

なんて邪推してしまいます。

午前券とはいえ3700円も払ってるのに、ほんま金返せーって心境でした。

 

仕方なくファンタジーの2コースを滑ってるうちに、

イリュージョンの短いトリプルが動くのが見えたのでそちらへ移動。

トリプルに乗ってると、ようやくメインのクワッドが試運転を始めました。

そして、クワッド乗り場への柵が撤去され、ようやくイリュージョンの最上部へ。

時に12時半。あと30分しかあらへんやん!!

 

 

f:id:gchanchan:20170129164957j:plain

イリュージョンA1本。

距離も斜度も申し分ないコースでした。

が、もう時間がない!

 

もう一度クワッドに乗り込む。

そして、ここで計算。

イリュージョンAなら4分あれば滑り降りれるから、

リフト降り場の時計が12時56分ならイリュージョンAをもう1本。

56分を回ってたらあきらめて下山。

さあ、リフト降り場の時計は・・・??

 

12時54分!

よっしゃ!もう1本滑れる!

 

最初の緩斜面を漕いで漕いで、あとはぶっ飛ばすのみ。

そうとうなスピードで一気に下りて、リフト乗り場の時計を見たら、

12時58分。よし、間に合った!

 

最後はイリュージョンからファンタジー、そしてバラエティーへと、

ジャム勝が謳う最長滑走距離5800mを一気下り。

途中でコース接続の平らな部分を通るので、一気下りって感じでもないんやけど、

まあとりあえずノンストップで下って、これにて終了。

と同時に小雨が降り出し、良い潮時でした。

 

 

 

後かたづけをしたあと、今回の宿がある越前町へと向かいました。